固定金利と変動金利の違い。メリット・デメリットについて。

不動産を担保に融資を受ける際に、固定金利で契約するか変動にするかと聞かれることがあります。

2者択一になったときの目安として双方の概要を知っておきましょう。

◇固定金利は融資の契約時の金利がつづく。

不動産を担保に融資を受ける場合でも、固定金利と変動金利の2種類のうちからタイプを選択できる商品があります。

固定金利というのは融資を受けている間、ずっと契約時の金利で固定化される商品です。

ゼロ金利など、貸出金利・返済金利が低く設定されている現代では、固定が借り手に有利です。

固定は金利が同じで元本をあわせた毎月の返済額も同じなので、返済プランが立てやすいというメリットがあります。

ただし契約後に相場の金利が下がっても、固定の場合は変更することができません。

◇変動金利には5年に1回の見直しがある。

変動金利とは、5年に1回のペースで金利と元本、返済額が見直される融資プランのことです。

相場の金利はそのときどきで変動します。

それにあわせて見直しがなされ、金利が高い状態であったなら低く修正され、低い状態であったなら高く設定して帳尻あわせがなされます。

固定金利では損をする場合がありますが、変動金利ならトクも損もなく納得できるローン(融資)の返済となります。

また固定にくらべて繰上返済を行うときの手数料が安いこともメリットの1つです。

◇住宅ローンなどの融資は長期にわたるため、大半が変動金利です。

不動産を担保に融資を受ける場合も長期化する可能性が高いので、判断のしどころです。

住宅ローンなど何十年もの長期融資・長期返済となる場合は、変動金利で凸凹を修正する融資商品が大半です。

大型融資となる不動産の担保ローンも、長期化するのが前提です。

固定金利にすると、相場の金利が低くなったときに損をします。



Comments are Closed