不動産を担保に融資を受けた場合、使い道は限定されますか?

不動産を担保にした融資にも、いろいろなタイプのローンがあります。

現状のローンや融資の状況、将来の見通しなどを考えて選択しましょう。

各商品のポイントをお話しします。

◇融資を受けても使途を限定されないフリーローン。

原則として不動産を担保にローンを組んだ場合でも、担保のない無担保ローンで融資を受けた場合に、使い道が限定されることはありません。

一般的にフリーローンと言われているような商品と同じ扱いです。

ネットやパンフレットなどの商品概要説明書などを読むと、融資金の使途については自由であることが書かれていると思います。

確認してください。

◇限定されるが金利が低いのは目的型のローン。

但し、自動車ローンや教育ローなどの目的型ローン商品は、フリーローンと比較して貸出金利が低く抑えられています。

使途に縛りはありますが、融資の目的が限定的であるのなら目的型のローンを組んだほうが後々の負担が少なくて済みます。

質問にあった「まとめローン」というのは、複数のローンを借り換えして1つのローンにまとめる商品です。

毎月の返済日が1回になり管理が楽になることや、場合によっては結果的に金利が安くなることなどから人気があります。

◇すでに複数の担保ローンを利用していて、1つにまとめたいなら「まとめローン」、自由に使いたいなら「フリーローン」がおすすめです。

まとめローンとフリーローンとでは商品の性格が異なります。

1つにまとめるか、使い道自由のローンに最初から申し込むか2者択一の判断が必要です。

不動産の担保が絡むローンでもあります。

金利や商品概要を十分に比較してから慎重に決めましょう。



Comments are Closed